太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

当院は完全予約制です。当日のお約束はご希望に沿えない場合もございますので、ご希望の日時がありましたらできるだけ早め(遅くとも2~3日前)にお電話いただけると幸いです。

口臭が気になるなら歯医者さんへ

口臭が気になる場合には、自分で対策を立てることも可能になります。例えばニンニクを食べてしまった場合には汗をかくことでにおいをなくすことが可能になります。もちろん時間はかかりますが、非常に自然な方法です。また、ストレスによる場合などは、ストレスをなくすことで口のにおいをなくすことも可能です。

そもそもどのようにストレスをなくすかといえば、自分のやりたくないことをやらないようにすることです。そのように述べると、自分は仕事をしなければならないしやりたいことばかりやっていれば生活できなくなると述べる人もいます。ですがいきなりやめる必要はなく、少しずつ自分が本来やるべきことをやるようにした方がよいです。

ただ、口臭の原因が別にある場合には、自分で修復することができないこともあります。例えば、歯周病の場合などがこれにあたります。歯周病は、立派な病気になりますのでこれをそのまま放置しておくとますます状態が悪くなるでしょう。この場合解決策の一つとしては、普段から歯をしっかり磨くことです。

しっかり磨くことで、もともと歯周病の原因となるものを排除することができるため立派な解決策の一つと言えるわけです。しかしながら、すでにある程度病気が進行している場合にはなかなか治すことができません。

このような場合には、歯医者に行き治療する方法があります。例えば、定期検診を行うことで、早い段階で対策を立てることができるようになるでしょう。歯周病に関しては、放っておいてよくなることはまずありません。時間が経過すればするほど、歯に悪い影響がありやがて抜けてしまうようなことも十分考えられます。この場合は、定期検診を半年に一度受けるか1年に一度受けるだけでも確実に原因をなくしていくことができます。

治療にかかる時間は数カ月から1年ぐらいになりますが、定期検診をしておけば早い段階で解決できそれほど長期的に通わなくても済むわけです。特に、今まで歯磨きを十分にする習慣がなかった人は、積極的に定期検診に通うのがよいでしょう。

次に、清掃不良の場合が考えられます。では、単に歯磨きが十分にできていない場合です。歯周病などになっていなくても、歯と歯の間に食べかすが詰まってその状態が何日も放置されている場合にはそれが原因で臭うことが考えられます。自分で歯磨きをしたつもりでも、上手に磨かれていないこともあるでしょう。

このような場合には、定期検診の時に廃車から直接歯磨きのし方の指導を受けると良いです。素人が歯磨きをする場合とプロが教えてくれる歯磨きでは随分と違いがあることが考えられます。さらには、虫歯の放置をしている場合もやはりにおいが出ている可能性があります。

これもまた、定期的に検診をすることで放置を防ぐことができるでしょう。歯医者に対して苦手意識を持っている人でも、半年に一度ないしは1年に一度かようことで、問題の大半を解決することが可能です。