太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

痛みの少ない治療にこだわっています。

むし歯があるんだけど、歯医者さんは 痛いから行きたくない

・・・と思っていませんか?

「むし歯は治療をしないと治らない」と分かっていても、 やっぱり歯医者さんは苦手。

でも、むし歯を放っておくと、どんどん進行して最終的には 大切な歯を抜くことになるかもしれません。

考えただけでも痛いですよね。

くろさわ歯科では、そんなあなたが歯科治療に抵抗を感じないよう 可能な限り「痛みの少ない治療」 に取り組んでいます。 麻酔には特にこだわっています。 歯医者さんに来て、一番はじめに待っている試練

そうそれは「麻酔注射」ですよね。 子どもの頃に受けた麻酔の痛みが歯医者さん嫌いの原因のNo1です。

だからくろさわ歯科では 「麻酔注射の痛みを最大限なくそう」 ということにしました。

その1.一番細い注射針で痛みを減らします!

夏になると、蚊にかまれてかゆい 思いをしたことが誰でもあると思います。

でもちょっと待ってください。

蚊って、みなさんの血を吸っているのに、 なんで痛みがないのでしょうか?

それは蚊の血を吸うお口の針のところが、 とっても細いから気づかないだけなんです。

つまり 「針が細ければ細いほど痛くない」 ということになります。

そこで、くろさわ歯科では歯医者さんで使われている 注射針の中で 「一番細い33G」 という細さのものを使っています。

歯科では太さが0.4mmから注射針があるのですが、 患者様への痛みを極力なくすため、当院では0.26mmの33Gを特別に使っているのです。

その2.人肌と同じ温度の麻酔液で痛みを減らします!

外から帰ってきて、手を洗う時に いきなり冷たい水だと、

「冷たいっ」

ってびっくりしちゃいますよね。 特に冬場なんて、ちょっと痛いくらいです。 逆に熱すぎても痛みを感じますし、下手したらやけどしちゃいます。

つまり 「温度差が大きいと違和感や痛みを感じる」 ということなんです。

これは麻酔液も一緒で、お口の中の温度と 全然違う温度の液体が歯ぐきに入ってきたら びっくりして痛みを感じます。

だから、くろさわ歯科では 「麻酔液を人肌に温める」 装置を導入しました!

これによって麻酔液がお口の中に入る時の 刺激を減らすことができるのです。

その3.電動の麻酔注射器で痛みを減らします!

麻酔液を一気に注入すると、 痛みを伴うことがあります。

だから、がさつだったり、せっかちな歯科医師に注射されると、 いつもより痛みが増えたりします。 (ちなみに先生はとっても繊細な人なんです)

人によって痛みが変わってしまうのは 困ってしまいますよね。

でも大丈夫。とっても便利なアイテムがあるんです。

それは電動麻酔注射器です

これは一定の速度で麻酔液を注入することができるので痛みを減らすことが出来るんです。 (ごめんなさい。内側(舌側)の歯ぐきの場合、どうしても少し痛むことがあります。これは神経の構造のため仕方がないのです)

その4.抱き枕効果で怖くない! お子さんもケロっとしちゃいますよ。

人は産まれる前はお母さんのお腹の中で過ごしています。

このときの赤ちゃんの姿勢を胎児姿勢といって、抱き枕を抱えているかのような姿勢をしているんです。

抱き枕を使用することで無意識に母親のお腹の中にいた頃のような胎児姿勢を自然に保ち、

「守られている安心感」

を感じてリラックスすることができるんです。

そこでくろさわ歯科では抱き枕の代わりに不安を退治してくれるヒーロー、 ぷ~君に登場してもらっています。

「ぷ~君がいるから怖くなかった」

と言ってくれるお子さんが増えてヒーローも満足そうです。

その5.やっぱり明るく前向きなスタッフ。

痛みは個人差がありますが、院内の雰囲気にも左右されると思います。

やはり患者様に明るくポジティブにスタッフが対応することで不安も軽減されます。

麻酔や痛みについて、不安なことがあれば、ご遠慮なく質問してください。

これからもくろさわ歯科は患者様のために痛みの少ない治療を目指していきます 以上5つの取り組みによって、歯医者さんを嫌いになってしまう痛みを 徹底的になくすように努力を重ねてきました。

これからも新しいアイデアを形にしていくことによって、患者様が歯医者を 好きになってくれるように工夫をしていきたいと思います。

こんなことしてくれたら嬉しいなというアイデアがあればいつでも教えてくださいね。 くろさわ歯科で導入できるように頑張っていきます。