太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

医療費控除って?

“医療費控除”をご存知でしょうか?

医療費控除とは、1年間にかかった医療費の一部金額をその年の税金から控除することで、所得控除のひとつにあたります。
突然の怪我や病気などで医療費が多くかかってしまった年に、その医療費の負担を少しでも軽くするための制度であり、生計を共にしている家族全員の医療費が対象になります。
医療費控除における1年間の基準は1月1日から12月31日までをさしており、クレジットカードでの決済やローンを組んで支払いをした場合には、実際に銀行から引き落としされた日ではなく、支払いをした年の元金だけが控除の対象になります。
また、医療費が未払いの場合は支払った年に控除対象となります。

医療費控除の対象になる金額

医療費控除は最高で200万円まで受けられることができます。
医療費控除の対象金額は、実際に医療費として支払った金額から、『保険金などで補填された金額』と『10万円(所得額が200万円未満の場合、所得の5パーセント)』を差し引いた金額になります。 保険金などで補填された金額というのは、たとえば

・生命保険からの入院還付金
・健康保険から支給される出産育児一時金、配偶者出産育児一時金
・健康保険から支給された療養費、家族療養費、家族の移送費、高額療養費など
・損害補償金、または補填を目的としたもの

上記のような保険金は、差し引きの対象になります。
ちなみに差し引かなくてもよい保険金もあり、出産手当金や見舞金などの手当金、死亡保険金や休業補償金なども差し引く必要はありません。

対象になる医療費

医療費控除の対象になる医療費には、

・医師・歯科医師による治療費
・治療、療養に必要な医薬品(風邪薬など)
・病院への緊急収容費や、医院までの交通費(ただし自家用車のガソリン代、駐車料金は×)
・あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による治療費

などがあげられます。
場合によっては医療費として認められないものもあるため自身で計算する場合には注意しましょう。
何が対象になるかわからない場合には、とにかく領収書を保管しておき、専門家へ相談するのもよいかもしれません。
相談する場合に限らず、医療費控除には領収書が必要になりますので、必ず保管しておくようにしましょう。