太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

ホワイトニング Q&A

ホワイトニングをやってみたいなあ、という方は多いのですが、やはりちょっと怖くて一歩踏み出せないという方もいらっしゃいます。このページなそのような方に少しでお役に立てたら幸いです。

1.使用する薬剤って、人体に安全なものを使っていますか?
2.ホワイトニングをするときに痛みはありますか?
3.どのくらい白くなりますか?  
4.かぶせた歯や詰めた歯も白くなりますか?
5.せっかく白くした歯を長持ちさせたいです。どれくらいもちますか?

1.使用する薬剤って、人体に安全なものを使っていますか?

ホワイトニングで用いる薬剤は、主に過酸化水素(オキシドール)です。名前を聞いたことがある方も多いと思います。日常では、傷口の消毒薬としても使われています。オキシドールは「人体に安全」「漂白する力がある」「歯を必要以上に傷つけない」という特徴があります。ホワイトニング中に、歯茎や歯肉に付いても、害にありませんので安心して、当院でホワイトニングを受けてください。

2.ホワイトニングをするときに痛みはありますか?

痛みを感じる方、まったく感じない方にわかれます。まず、どうしてホワイトニング中に痛みが出るのかをご説明しましょう。ホワイトニング剤(先ほどご説明したとおり、人体には安全なものです)が歯を白くするとき、歯の水分を奪うのです。そのため、歯がきしんだように感じる方がいます。しかし、ほとんど方は痛みを感じません。仮に、痛みを感じる場合でも、その日のうちに治まります。どうしても痛いという方は鎮痛剤をお出しします。それで痛みは治まります。

3.どのくらい白くなりますか?

白くなる度合いには、個人差があります。人により、歯の質・状況が違うのでホワイトニングの効果も異なります。一般に、歯科では歯の「シェード」というものを使って、白さを判断します。ホワイトニング前に歯の色と、目指す白さを決めてからホワイトニングスタートです。

通常、2~3回かかります。1回でOKという方もいれば、数回かかるかたもいらっしゃいます。心配な場合は、当院の歯科医師またはスタッフまでお尋ねください。

4.かぶせた歯や詰めた歯も白くなりますか?

かぶせものは、歯そのものではありませんので、白くすることはできません。そのことを考えるにホワイトニングをすると、せっかく白くしても、その白さが変に浮いてしまうということにもなりかねません。ですから、最初にホワイトニングをしたほうがいいです。治療途中の方は、先にホワイトニングを行って、白さの基準を持ったほうがいいですね。

5.せっかく白くした歯を長持ちさせたいです。どれくらいもちますか?

ホワイトニングは歯に白いものを上塗りするのではなく、白さを邪魔する色素を除去するものです。お茶やコーヒー、ワインにも色素が入っているように、日常生活していると歯に再び色素が付着することがあります。ですから、後の白さはずっともつものではありません。

しかし、定期的にホワイトニングを受けることで、白さをキープすることはできます。たばこを吸われる方、ワインやコーヒーはお好きな方は2~3ヶ月に1回はホワイトニングのメンテナンスを受けるといいでしょう。