太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

医院・設備案内

当院の滅菌対策・院内感染防止への思い
~消毒・滅菌を徹底しています!~

みなさんはレストランでふきあげていないテーブルに座り、洗っていないお皿に盛られた料理を、前のお客が食べたそのままのお箸で食べることができますか?

食後に前のお客が使った爪楊枝を使うことができますか?

歯科医院において滅菌消毒をおこなっていないということは、それよりももっと汚く危険な行為です。

当院は患者様ごとに使用する器具を消毒・滅菌して、院内感染防止を徹底して行なっています。このページでは、当院の「滅菌対策」についてお伝えしようと思います。

滅菌とは、「治療に使用する器具についている微生物やウイルスや芽胞をすべて死滅・除去すること」を言います。リーマー・ファイル(歯の神経を取る治療をするときに使います)、バーとタービンはもちろん、綿やガーゼまでつまり口の中に入れるものほぼすべてを滅菌しています

多くの歯科医院では、ここまでの滅菌対策を行いません。バーやリーマーはオートクレーブ(熱や蒸気や薬品で滅菌を行う機械)にかけると、5~6回でだめになりますし、タービンなどは熱に弱いので、壊れやすくなります

また、滅菌をきちんとしようとすると作業が増えるためにスタッフも必要なので人件費がかかります。しかも、患者様には見えない作業ですし、別途患者様から費用を頂くこともできません。

それでいてタービンなどは1本20~30万円もしますし、定期的にメインテナンスにだせば5~6万円は軽くかかります。滅菌している間は使えませんから、滅菌対策を行えば院内に必要なタービンの数を増やす必要があります(実際に当院では他院の3倍の本数のタービンを保有しています)

また、滅菌器も機械である以上、故障のリスクもあるために当院では2種類の滅菌器を2台ずつ保有して「故障のため診療できません」という事態や、不完全な滅菌、消毒のまま、治療に用いることが絶対にないようにしています。これらの対策にはかなりの費用がかかるために、多く医院は「そこまでしなくても…」という思いがあるのでしょう。

しかし、私たちはコストがかかっても滅菌対策を行っています。どうしてなのでしょうか?

実は、6年前、私は「歯周内科」療法という新しい歯周病の治療法と出会いました。そのとき先生から「完全滅菌にしなさい」と教わったのです。その内容は「バーやタービンを滅菌しないで使いまわすと、患者様から患者様へ歯周病菌が感染してしまう」というものでした。

歯周病菌(つまり、バイキン)に対する知識が増えて、恐ろしさを知り、さらに歯茎やお口の中のバイキンを減らして、劇的に歯周病がよくなっていくのを見ると、「もう患者様同士でバイキンを感染させたくない!」という思いが沸き上がってきました

また、自分が受けたいという治療を考えると、きっちり滅菌している治療を受けたいと思いました。もし滅菌をしていなかったら、ある患者様の治療で使用した器具を少し消毒して、違う患者様に使うことになります。アルコールによる消毒だけでは、まったく信頼できません。滅菌することで初めて、歯周病菌や血液性の病気(エイズ、肝炎など)の院内感染が限りなくゼロに近くなるのです。

そこで「完全滅菌をしていこう!」と決意して、現在の医院の設計を始めました。消毒室の設計からスタートしたと言っても過言ではないほど力を入れています

まず、使用済みの器具はウォッシャーディスインフェクター(食器洗い機の高性能版)で洗浄して(ちなみに、滅菌・感染対策の基本は大量の水で洗い流すことです)、一人分ごとに滅菌ケースに入れ、オートクレーブにかけます。紫外線保管庫で保管します。そして、診療の準備が完了します。

実は、ここまでの滅菌をしている医院はごくごく僅かです。「歯科における院内感染対策調査報告」の調査結果では、約60%の医院が患者さんごとに手袋を交換していません。そして、歯を削る道具を患者さんごとに交換、滅菌している医院は14.1%という状況になっています。同じ医療を行うものとして悲しいことです。

お読みいただいたように、滅菌対策を行うのは労力の面からも、コストの面からもハッキリ言って大変です。ですから、当院のようにここまで滅菌対策を行っている歯科医院は極めて少ないのです。

今後も、私たちは「自分だったら受けたい歯科医療」、「本当に患者様の立場になった歯科治療」をこれからも行っていきたいと思っています。このような想いを持った私たちの、「滅菌対策」という裏方の作業を、少しでもご理解いただけたら幸いです。