太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

当院は完全予約制です。当日のお約束はご希望に沿えない場合もございますので、ご希望の日時がありましたらできるだけ早め(遅くとも2~3日前)にお電話いただけると幸いです。

歯を失う原因のトップ虫歯じゃない!? ナンバーワンは何でしょう?

人間の永久歯は一度抜けるともう生えてくることはありません。そのため、年齢を重ねるにつれて徐々に歯が減ってしまうという方も多いです。その歯を失う原因として最も多いとされるのが歯周病です。

歯周病とは細菌の感染によって引き起こされる病気です。

口の中には細菌がたくさんいます。そのこと自体に大きな問題はありません。しかし、食べたものが残っているとそこに細菌が過剰繁殖してしまうことがあります。

そうして細菌が莫大な数になっていくと、歯を支える骨を溶かすようになります。その骨が溶けるにつれてやがて歯がぐらぐらし始め、痛みなどが発生するので抜かなければならない状態になってしまいます。

歯周ポケットと呼ばれる隙間に細菌が入り込むと歯磨きでは取り除きにくい状態となり、歯周病がどんどん進行してしまうことがあります。

歯の表面などが歯周病になることはほとんどありません。歯の表面には舌や唾液が当たるので、食べかすが残りにくいからです。しかし、歯と歯の隙間などには細菌が繁殖しやすくなっており、歯周病の大きな原因となります。

歯が1本くらい減ってもあまり気にしないという方もいるかもしれません。ところが、歯は減れば減るほど、減りやすくなっていくものでもあります。それゆえに1本抜けると次の1本はすぐに抜けるということが珍しくありません。

いかに1本目を抜けないようにするかが重要となっています。

歯周病を防ぐために重要なのは歯磨きです。しかし、歯磨きだけではどうしても届かない場所があるというときにはフロスを使うことも有効となります。食べかすが残っていなければ細菌は繁殖することが出来ません。それが最大の予防となります。

ところがどんなに気を付けていても歯周ポケットに歯垢が溜まっていくことはあります。そこで有効なのが歯医者さんでクリーニングをしてもらうことです。クリーニングをしてもらうと驚くほど、歯垢が取れることがあります。

これは普段の歯磨きで届かないゾーンがたくさんあることを示します。定期的にクリーニングをすることによって虫歯の予防をすることも出来ます。

様子がおかしい時に医師に診てもらうことも非常に重要となっています。病となってしまった後は完治させることが容易ではなくなります。その兆候が出始めたころであれば、完治させることも十分に可能です。

世界中にこの病を発症している方がいますが、そのことを自分で知っているという方はあまりいません。それほど自覚症状の少ない病となってしまいます。自覚症状の出るころには大きなダメージが発生していて、挽回できないというケースも十分にあります。

そのことに注意しておくことが大切です。

歯茎が崩れてしまう歯槽膿漏も同様の症状が発生します。いずれも歯の土台部分が崩れてしまうものなので、クラウンなどを使っても解決すること出来ません。抜歯しなければ他の歯にも影響が出てしまう可能性があることも難点です。