太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

当院は完全予約制です。当日のお約束はご希望に沿えない場合もございますので、ご希望の日時がありましたらできるだけ早め(遅くとも2~3日前)にお電話いただけると幸いです。

歯科医院における滅菌対策とは

歯科における院内感染対策として非常に重要だと考えられているのが、標準的な予防策をとることや再処理時の手指衛生や個人防護具の着用、そして器材使用後の洗浄や消毒、滅菌だといわれています。

医療器材の洗浄には器材や材質、微生物の種類や汚染の程度によって、使用する洗浄剤の濃度や時間を選択することが重要だと考えられています。使用する洗浄剤によっては適切な温度管理も求められるため、消毒または滅菌効果を最大限に発揮するためにもしっかりと考えないといけないところです。

洗浄後は目視で洗浄不良の有無を確認することはもちろん、タンパク質などの汚れは目には見えないため十分な洗浄や消毒、滅菌のためにも医療用洗浄剤の利用が推奨されています。市販されている家庭用洗浄剤は、主に油汚れを除去することを目的としているため歯科における対策には適していないので、専用の洗浄液などを使っています。

洗浄には手洗浄の他に浸漬洗浄(つけおき)、超音波洗浄やウォッシャーディスインフェクターを利用した方法など使用する器材に合わせた方法を選択します。そして消毒に使用する薬剤は、日常広く用いられていることから種類も豊富なため、使用する器材の材質や微生物の種類、汚染の程度に合わせて選択することが大切です。

また消毒薬の微生物の消毒効果は濃度や温度によって変化することや、整体に対して毒性を持つ化学的物質であるため、残留物質による副作用や業務上の曝露に注意しながら消毒を行う者の防護の徹底が必要です。

歯科で利用した器材のお手入れ方法の基本的な流れとしては、器材の使用後は処理工程ごとに器材を分別し、付着物の除去を行った上で予備洗浄を済ませます。次に器材に適した方法で汚れを落としていき、パック包装をした上でオートクレーブを利用し処理は完了するので、そのまま保管する流れとなります。

滅菌にはオートクレーブや酸化エチレンガス、過酸化水素低温ガスプラズマなど様々な方法が選択できます。特にオートクレープを利用した方法(加熱と加圧)は残留毒性がないことから、条件に耐えられる器材であれば安全かつ確実な対処が行えるメリットがあります。

当院では、ハンドピースを含め、使用する器具の洗浄・滅菌は以前から徹底しており(詳しくはこちら)、見学に来られた方は「よくここまでされるとは」「すごい」など驚かれることがよくあります。安心して治療を受けられてください。