太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

当院は完全予約制です。当日のお約束はご希望に沿えない場合もございますので、ご希望の日時がありましたらできるだけ早め(遅くとも2~3日前)にお電話いただけると幸いです。

歯周病と糖尿病には深い関係がある

口元をおさえる女性

こんにちは。太田市 くろさわ歯科クリニック 院長 黒澤です。

歯の病気は一般的に体に悪影響を与えることがわかっており、虫歯がひどくなった場合においても虫歯菌が体に回ることにより様々な症状を呈することがあります。

歯周病においても虫歯同様、体に影響を及ぼすことが判明しており、細菌が頸動脈や冠状動脈に血栓の形成を促してしまい、心筋梗塞などの発症リスクを高めています。様々な病気を引き起こすのですが、特に糖尿病との関係性が指摘されています。

当院が書いている歯周病の説明はこちら

糖尿病について

糖尿病は血糖値が慢性的に高くなる症状であり、1型と2型に大きく分かれます。多いのは2型であり全体の9割を占めていますが、2型においては初期症状がほとんどなく、さらに症状が現れたとしても少しずつのため、体の不調が糖尿病によるものだと気が付くことが少ないです。

主に疲労感や皮膚の乾燥、手足の感覚の低下や目のカスミ、EDや傷が治りにくい、喉が渇くなどの症状があり、進んでしまうと脳梗塞や心筋梗塞、足病変や失明、腎症などの合併症を引き起こします。歯周病もまた合併症の一つであり、6番目の合併症と言われています。

糖尿病と歯周病のかかわり

歯周病は細菌が歯肉溝に感染して発症します。成人の約8割は罹患していると推定されており、ひどくなると骨を溶かしてしまうこともあり、今では歯を失ってしまう原因の第1位になっています。

初期症状はほとんどなく、歯ぐきからの出血や膿、歯がぐらぐらとする、歯の根元が見えてきたなどの症状を見つけて気が付くことが多いです。このような状態になっているとかなり進行している状態であるため歯を抜くなどの処置を行わなくてはなりません。

この2つの病気は発症する場所が異なりますが相互関係があり、糖尿病の人の場合そうでない人に比べると、2倍以上歯周病になりやすいことが判明しました。これは糖尿病になってしまうと細菌に対しての抵抗力が低下したり、組織の修復力が発揮されなかったりすることがあり、口の中も乾燥してしまうため歯周病を悪化させてしまうためです。

逆に歯の状態が重症化した場合は血糖のコントロールが悪くなることがあるため注意しなくてはなりません。

どちらの病気も初期症状はなくある程度進行してから気が付くことが多いですが、歯の病気においては毎日正しく磨いたり鏡を見たりすることによって、歯や歯ぐきの異常を見つけることができます。

早期に発見して治療を開始することで、炎症そのものを歯肉にとどまらせることができるので、歯をしっかりと磨くことはもちろんのこと、太らない、喫煙や過度の飲酒は控えるなど生活にも気を配ります。

歯科医師会による歯周病と糖尿病の説明はこちらにあります。ぜひお読みください。