太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

【患者様へ】電話がつながりにくいときは、時間をずらしておかけ直しいただけますようお願いいたします。

歯並びを治すなら矯正歯科専門じゃないとダメなの? いいえ、そんなことはありません

女の子のガッツポーズとタイトル

歯並びを治すというと、歯に金属の器具を取り付ける矯正をイメージする人が多いでしょう。あの手法が定番であることは間違いありませんが、デメリットがたくさんあることも事実です。たとえば、非常に目立つので思春期の子どもは敬遠しやすいことなどが挙げられます。

また、器具と歯の間のスペースに食べカスなどが溜まりやすいことも問題です。虫歯の原因になりやすく、口内を清潔な状態に保つことは簡単ではありません。自分で取り外すことも難しく、アクシデントで外れた場合を除き、歯科医に取ってもらう必要があります。そのようなネガティブな印象から、悪い歯並びを放置している人も見受けられます。

少しでもそのようなリスクを減らすには、高い技術力を誇る矯正歯科専門のクリニックで、十分に診てもらうべきという意見も少なくありません。そのような医療機関がないという理由で諦めている人もいるでしょう。

しかし、そのような人も改善できる可能性があるので諦めなくても大丈夫です。なぜなら、必ずしも矯正歯科専門を選択する必要はないからです。一般的な歯科でも、矯正の優れた技術を保有しているケースは少なくありません。

たとえば、床矯正という装置を採用している歯科であれば、かなり信頼できると判断できます。これは一般的な矯正とは異なり、永久歯を抜くといった作業を行いません。一般的な矯正では、永久歯を取り除いたスペースを利用して歯並びを整える必要があります。床矯正はまったく異なるアプローチを導入しており、取り外しが可能な装置を使って顎を広げるのです。

つまり、一般的な矯正は狭いスペースに歯が収まるように、歯の本数を減らして調整します。それに対して床矯正は、歯のスペース自体を作り出すというものです。そのため、大切な永久歯を失うといったデメリットを回避できます。子どもの治療においてこのメリットはとても大きいです。

矯正歯科専門のクリニックについては、この手法を使うようになったところが多く見受けられます。ただし、一般的な歯科でもそれは同様であり、積極的に採用するところが増えているのです。床矯正も決して万能ではなく、デメリットが存在することも忘れてはいけません。たとえば、後戻りする可能性もありますし、利用できるタイミングも限定的です。そのような点まで理解している医師が担当してくれるなら、矯正歯科専門でなくても特に問題はありません。それよりも実績を事前に確認するほうが重要です。

他の床矯正の記事はこちら