太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

当院は完全予約制です。当日のお約束はご希望に沿えない場合もございますので、ご希望の日時がありましたらできるだけ早め(遅くとも2~3日前)にお電話いただけると幸いです。

保険診療と自費診療の違い

笑顔の女性の画像
このように当院の患者様にはいつでも自信を持った笑顔でいてほしいです。

歯医者で治療をする場合、初診だと保険診療と自費診療のどちらにするかを聞かれた事があるという人は多いです。ではこの2つの違いは何かというと、色々あります。

まず根本的に違うのは、患者が負担する治療費の割合です。保険診療だと年齢が上がるにつれて患者が負担する割合は減っていきます。例えば70歳未満の人だと原則3割負担になります。しかし70~74歳の人は2割負担になり、75歳以上だとわずか1割の負担で治療を受ける事が可能です。

しかし自由診療とも言われる自費診療は患者が治療費の全額を負担しなければなりません。分かりやすくいうと10割負担です。この治療費の割合の差がもっとも大きな違いです。

また治療に使用出来る材料にも違いがあります。例えば虫歯治療を行う時は、虫歯の部分をドリルで削って取り除いてから、その開いた穴を歯科用の材料で埋めていきますが、保険診療だと材料費の原価が安い物を使います。

しかしこれだと劣化しやすく、見た目も悪い為、中には不満な患者が出てきますので、そこで治療費がかかっても良いからしっかりとした治療をしてほしいという人は自費診療にすれば、基本的にどんな高い材料も使用出来るので、値段が高くても見た目がよく、劣化しにくい材料を使った治療を行う事が可能です。

このように治療に使う材料も異なるというのも大きな違いの1つです。

他にも治療法自体にも大きな違いがあります。例えば歯を1本虫歯や怪我で失ってしまった場合、保険診療だとブリッジが適応される事がほとんどです。ブリッジとはどんな治療法かというと、失った歯の両隣の歯を土台にして、人工の歯で空いてしまった隙間を埋めるという治療法です。ブリッジは治療費をかなり安く抑える事が出来ますが、失ってしまった歯の両隣の健康な歯を少し削らなければならないですし、見た目もあまり良くないというデメリットもあります。

しかし自費診療であれば、ブリッジではなくインプラントという治療法を選択する事が可能です。インプラントとはどのような治療法かというと、チタン製のネジをあごの骨に埋めるという治療法で、これが失った歯の根っこの役割を果たしてくれます。その上に、人工の歯をかぶせる事で、ほとんど見た目は歯を失った前と変わらない状態まで戻す事が可能です。もちろんブリッジのように、両隣の健康な歯を削る必要もありませんが、インプラントは全額自己負担になるのでかなり治療費はかかります。

このように保険診療と自費診療には費用だけでなく治療に使われる材料や治療法まで違うので、自分に合った方を選ぶと良いでしょう。