太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

当院は完全予約制です。当日のお約束はご希望に沿えない場合もございますので、ご希望の日時がありましたらできるだけ早め(遅くとも2~3日前)にお電話いただけると幸いです。

一般的にホワイトニングって、どんなの?

一般的にホワイトニングって、どんなの? “ホワイトニングというのは文字通り歯を白くすることで、見た目を改善するのに用いられるものです。歯というのは、様々な理由によって着色してしまうことがあり、その結果として健康面では問題がなくても見た目が悪くなってしまうことがあります。健康面では問題がないにしても、茶色く黄ばんだ歯よりも白い方が見た目に良いですし健康的にも見えますから、歯の色が悪くて見た目が気になるという人が行う治療となっています。

広い意味で言えば歯を白くするためのこと全般を指す言葉であるため、特定の治療だけを指す言葉ではありません。タバコのヤニや茶渋などの着色汚れは、表面を磨くだけで大分白くなることもありますから、定期検診で行われるこのようなメンテナンスに関してもホワイトニングということができるでしょう。狭い意味、あるいは近年一般的に使われる意味としては、歯を漂白して白くする方法を指すことが多くなっています。特殊な薬剤を使用して歯を漂白して白くしようとする治療のことをホワイトニングと呼ばれます。

そして、この治療の方法は歯医者で行うものと自宅で行うことができるものの二種類があります。歯医者で行うものは、自宅で行うものよりも効き目の強い薬剤を使用するので、その分だけ高い効果を期待することができます。使用する薬剤自体はどちらも同じものであり、主な成分としては過酸化水素となっています。過酸化水素は消毒用のオキシドールでおなじみなので、ごく身近にあるものであり有害性は低いものの、濃度が高ければ皮膚をただれさせてしまう危険なものでもあります。

濃度が高いものは、歯以外の部分に触れないように細心の注意を払って作業をしなければならないため、歯医者以外では使われないということになるのです。濃度が高いと言っても治療で使われているだけに、歯を痛めてしまう程に強力な薬剤を使っているわけではありませんが、人によってはしみることはあるので注意が必要です。健康的な歯であれば問題はありませんが、知覚過敏や虫歯、歯周病にヒビなどがある歯の場合には薬剤が神経にしみやすいだけに、しみると感じることもあります。歯ぎしりなどで歯がすり減っている状態も同じであり、このような場合にはホワイトニングを始める前に他の歯の治療をしてから始めることになります。

ホワイトニングという意味は前後の話の流れによって変わってきますが、一般的に薬剤を用いて歯を漂白して白くする方法だと覚えておくと良いでしょう。