太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

歯の根の治療はどうして回数がかかるのか?

むし歯が進行すると歯の神経(歯髄)まで虫歯菌が達してしまいます。

ここまでむし歯が悪化してしまうと虫歯菌が感染した神経を取り除くだけでなく、神経が入っていた部分の根管も綺麗に洗浄しないと、その後のクラウンを使った歯科治療を行う事が出来ないです。

歯の根の治療は一見簡単そうに感じるかもしれませんが、根管の中の洗浄作業は非常に根気のいる大変な治療です。
何故かと言うと根管は非常に複雑に入り組んでいて、その入り組んだ根管の中に少しでも虫歯菌が残っていると痛みや腫れなどの原因になり、最悪の場合は根尖病巣という病気を発症するからです。

通常の歯の根の治療では、まずむし歯が進行した歯の根元に麻酔をかけて、むし歯の上部を削って行き神経を露出させます。

次にその露出した神経を細い針金のような器具で引っかけて取り除き、歯の根元の奥にある神経まで丁寧に全て取り除きます。

神経が完全に切除された穴に、専用の殺菌用の薬剤を流し込んで洗浄して汚れた歯質を専用の器具で取り除いていき、掃除が終わった穴にまた同じ薬剤を流して、上部をセメントで蓋をして1回目の治療が終わります。

2回目の治療では蓋をしたセメントを取り除いて、歯根部分の状態を拡大鏡などで見て、状態が良ければ次のステップに進みますが、状態が1回で良くなる事はほとんど無くて上記の洗浄治療を5回から10回程度繰り返します。
次のステップでは拡大鏡では内部が解らないので、固定式の薬剤を根管の中に入れて内部がちゃんと洗浄で着ているのかをレントゲンで確認します。

レントゲン映像に問題が無ければ、歯の根の治療は終わりですが、レントゲン映像に問題があった場合には再度洗浄治療を繰り返します。

つまり歯の根の治療の回数には明確に決まった回数は無くて、早ければ2回で終了して通常は5回程度で悪い場合には10回以上の治療が必要になります。

歯の根っこの治療が終わってもまだ歯科治療は続いて、ぽっかりとあいた空洞に硬質の歯科治療用のセメントを入れて土台を作った後に、歯科技工士にクラウンを作成してもらって被せて治療が終わります。

ただし神経を失った歯は枯れ木のようにもろく割れやすいため、何度もコンクリートのコアを固めるために最低でも3回の治療が必要で、脆くなっている場合には最大で6回程度の治療が必要になります。

歯の根っこの治療を含んだ歯科治療が1本終了するまでに、最低でも5回の通院が必要で、状態がかなり悪い場合には16回以上の通院治療が必要になるかなり根気のいる治療です。