太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

歯科用フロスと歯間ブラシの使い方

歯科用フロスと歯間ブラシというのは、どちらも使用用途は同じように思えますが、微妙に違いがあるので使い方をしっかり覚えて歯の手入れをするようにしましょう。

微妙な違いはあれどもどちらも歯の間の汚れをとるのに役立つのは同じですから、特徴を理解すればより効果的に歯の手入れに役立てることができます。

最初に歯科用フロスですが、これは歯の隙間に糸を滑り込ませてそれによって、歯の間に詰まった汚れを取るというものです。

どれだけ細い歯ブラシであっても、歯と歯が重なり合う部分にはブラシが届きませんから、歯ブラシでは決して掃除をすることができない歯の隙間を綺麗にする時に役立ちます。使い方としては適度な長さを手に取り、それを両手の指に巻き付けます。

巻きつける指は中指にしておいたほうが、その後の掃除がしやすくなるので便利です。指に巻き付けた後は人差指と親指でつまんでフロスを伸ばして、ピンと張るようにします。

後はそれの歯の間に滑り込ませれば、普通の歯ブラシでは掃除をすることができない歯間を綺麗にすることができます。

ポイントとなるのは糸をピンと張ることと、指の間の感覚は1-2cmと短くあけることで、そうすることによって歯間に通しやすくなります。

指先に巻くのは上手くできないという人は、悪い輪っか状に結んで使用をするという方法もあります。

指先に上手く巻くことができない、指に巻くのは痛みを感じるので苦手という人は輪っか状に結んで使ってみるのも良いでしょう。

この方法は汚れた部分をずらしながら使うことができるので、無駄なく使うことができるという利点があります。

次は歯間ブラシですが、これはフロストは違って歯の重なり合った部分には入らないので、歯と歯の間の根元部分の隙間に差し込んで使うというものになります。

重なり合った部分の掃除をすることはできませんが、ブラシが付いていることから隙間になっている部分に関しては汚れをかき出すことができるので、入り込む隙間に関して言えば糸を通すよりも綺麗に掃除をすることができます。

ブラシの形状によって使い方は変わってきますが、基本的な使い方は変わらず歯間にブラシを差し込んで左右前後に動かして中の汚れをかき出します。

終わった後は口の中をすすいで歯間ブラシも綺麗にしておくようにしましょう。
このふたつを上手に使いこなすことができれば、歯ブラシでは綺麗にしにくいところもしっかり綺麗にすることができます。