太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

歯の構造

人間の歯は大きく分けて露出している歯の部分の歯冠と、歯茎などの歯根があります。上顎骨と下顎骨にある柔らかい海綿骨に歯根が埋まっており、歯が生えている状態は釘が板に打ち付けられているのと似た様子を表す釘植と呼ばれている付着結合がされています。

歯冠には表面を覆っているエナメル質、その内側にある象牙質、歯根部の表面にはセメント質があり、エナメル質は人間の身体組織の中でも最も硬い組織である一方で、酸には弱く簡単に溶けてしまう性質を持っています。

象牙質はエナメル質やセメント質の内側にあり歯冠部から歯根部を構成している組織でエナメル質よりも柔らかく、中には象牙細管が張り巡らされており組織液が流れており、虫歯などでエナメル質が失われると磨り減りやすく一気に進行してしまいます。

セメント質は歯根部の表面を覆っている組織で、歯根膜によって歯そう骨と結合しています。歯髄は通称神経と呼ばれており、神経線維には血管やリンパ管が通り象牙質に栄養を届ける役割も担い、歯冠と歯根の周辺には歯周組織があり歯を下から支えています。

歯周組織は歯頸部を取り囲んで咀嚼に対応し、口腔内の異物や食べかすなどが歯槽に進入するのを防いでくれます。歯肉は歯頸部の周囲を覆う上皮性の粘膜で骨の側は厚く角化しており、歯と上皮の間には歯肉溝があり細菌が繁殖すれば歯周病の原因となることがあります。

食事をする際の咀嚼運動によって歯周組織に刺激を与え、食べかすを除去する効果もあります。

歯根膜は歯根部分の表面にあるセメント質と歯そう骨を結合させるためのシャーピー線維と呼ばれている繊維性の組織で、食べ物を噛む時には歯にかかる力を吸収、緩和し歯そう骨に直接力が加わるのを和らげてくれます。

シャーピー線維は象牙質と隣接するセメント質と付着歯肉を結合させるもの、歯と遊離歯肉を結合させるもの、骨とセメント質を結合させるものの3種類の異なる線維が存在することにより歯と歯茎を強く結合しています。

歯そう骨は歯を支えている顎の骨で歯はこの骨の中に植立しており、歯周病などで破壊されると歯がぐらついてしまいます。歯肉はいわゆる歯茎のことで歯そう骨を覆っている柔らかい組織で、歯肉溝は歯肉と歯の境目にある小さな隙間です。

歯はこれらの一定の強度と同時に柔軟性や弾力性を持った結合により噛んだ際に加えられる負荷を分散させることでスムーズな咀嚼を行える構造になっています。”