太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

当院は完全予約制です。当日のお約束はご希望に沿えない場合もございますので、ご希望の日時がありましたらできるだけ早め(遅くとも2~3日前)にお電話いただけると幸いです。

歯科治療で使用するセラミック

こんにちは。くろさわ歯科クリニック 院長の黒澤です。

国内で歯医者さんでの治療というと、多くの人が虫歯を削って銀歯を詰めるというイメージを持つようです。確かに、この治療は一般的に行われていて、実際に自分の口の中に銀歯があるという人も少なくないでしょう。保険治療なのでよく行われていますが、銀歯というのは口の中にあると非常に目立ってしまい、決していい治療とは言えません。

そもそも、金属が使われるようになったのは、噛む強度に耐える素材があまりないことが原因です。人間が噛む力というのは、自分の体重ほどもかかっていると言われます。それだけの力を支えるのには、やはり金属という選択肢が分かるでしょう。

けれども、銀歯が気になるという患者さんも多く、使用されるようになったのがセラミックです。少し前までは単体で強度を出すのが難しく、金属で土台を作った表面にだけ使用するという詰め物や差し歯が一般的でしたが、今では技術力が向上したために単独で使うことができます。

セラミックの特徴は、透明感のある白さです。修正液のような真っ白な色は、お口の中にあると非常に違和感をもたらします。作り物だと言う印象を与えるので、すぐに差し歯だということがわかってしまいます。

しかし、透明感のある白さというのは人間の歯と同じ特徴です。色を合わせることで自然に口の中になじみ、変に目立つことはありません。小さい虫歯であれば詰め物、大きな場合は差し歯と様々な活用ができるのも魅力です。ただ、歯ぎしりか食いしばりといった癖を持つ場合、力に耐えきれずに割れてしまう可能性もあります。そのような場合はプラスチックをまぜることでやわらかくなり、使用できるようになるでしょう。

プラスチック単独で差し歯を作ると壊れやすいだけでなく、食べ物の色素によって黄ばみが目立つようになります。セラミックは変色することがないので、長期間きれいな状態を維持できるメリットもあります。

健康保険は適応外になりますが、それだけの価値があると言える治療です。銀歯からセラミックにする患者さんも多くなり、よりきれいな口の環境にするために選ばれる材質です。従来のただ詰めればいいという考えではなく、よりきれいに美しく噛めるように治すという歯科医療です。

多くの歯科医院で取り扱っていますので、プラスチックや銀歯が目立って悩んでいるという方は気軽に相談してみましょう。セラミックにすることで、コンプレックスが解消されるだけでなく、見た目の年齢も若返ります。