太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

【患者様へ】電話がつながりにくいときは、時間をずらしておかけ直しいただけますようお願いいたします。

歯並び治療ってハードルが高い!? 床矯正なら大丈夫

床矯正のタイトル画像

歯並びが悪い場合には、様々なデメリットがあると言われています。1つは、見た目が悪いことです。特に笑った時に、歯並びの悪さが目立ってしまいいくら見た目が綺麗であってもマイナスのイメージを受ける可能性が少なくありません。もう一つは、歯並びが悪いことにより虫歯になりやすいことが考えられます。

このような理由から、矯正歯科医院に通う子供も少なくありません。できるだけ子供が小さいうちに治療しておけば、お金がかからずに済むからです。

しかしその一方で、歯科矯正を受けるのは何かと抵抗があると考える人も少なくありません。しかも治療をする子供のうちの何割かは、手術を行わなければいけないからです。例えば、歯並びが悪いといっても、歯と歯の間に新しい歯が生えてきてしまい、抜かなければならない場合などです。

この場合はメスを入れて手術をすることになりますが、それに対して抵抗を感じる子供も多いです。また親も同様に、歯を抜かなければなければならないとすればやはり抵抗を感じます。しかも、乳歯ではなく永久歯を抜かなければならないとすれば、やはりいくら歯並びを良くするためとは言え抵抗感を拭いさることができません。

そこで最近広まってきている方法の1つが、床矯正と言われるものです。

これは、抜歯などをせずに歯並びを良くする方法です。今まで抜歯をしていたのは、決められた面積の中で整えなければいけないからです。顎のスペースが足りず、余計な部分に生えてきた歯を整える事は難しく、抜歯するしか選択肢がありませんでした。

しかし床矯正を行うことにより、歯を抜かなくても良くなります。なぜなら、床矯正自体は顎のスペースを大きくする治療方法だからです。

床矯正では専用の器具を使います。スペースを大きくするといっても、特別大きくするわけではなく、手術をしない範囲内で大きくする方法です。拡大床(マウスピースの感じのネジのついた器具)を使用し、このネジを回転させると少しずつ顎が広がっていく仕組みです。すぐに広がるわけではないため、1年ないしは2年間といった時間をかけながら治療していくことになります。

しかも拡大床自体は1日中つけている必要はありません。取り外しが可能になっているため、邪魔になるときはとってしまっても問題ありません。例えば、食事をする時などがこれに該当します。基本的に、このマウスピースは1日中4時間以上装着していれば充分治療が可能とされていますが、かかりつけの歯科医師に相談をしっかりとしてください。

他の床矯正の記事はこちら:https://kurosawa-dc.com/blog/mame/%e5%ba%8a%e7%9f%af%e6%ad%a3%e3%81%ab%e9%81%a9%e3%81%97%e3%81%9f%e5%b9%b4%e9%bd%a2%e3%82%84%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

参考:床矯正研究会 https://www.jsro.jp/