太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

当院は完全予約制です。当日のお約束はご希望に沿えない場合もございますので、ご希望の日時がありましたらできるだけ早め(遅くとも2~3日前)にお電話いただけると幸いです。

床矯正に適した年齢や治療の流れについて

子供の画像

矯正歯科で受ける矯正治療には様々な種類のものがあげられますが、その種類の一つに床矯正と呼ばれるものがあります。成長期にあたる子供の歯並びの改善を目的にした治療方法であり、適正年齢は6歳から11歳ぐらいとされています。

一般的な矯正治療の場合には、歯を動かして歯並びを整えていくことになりますが、床矯正の場合には専用の装置を使い、子供の成長に合わせて少しずつ歯列の幅を広げていく特徴があります。成長が止まると同時に、歯をささえるための骨の成長も止まってしまいますが、その前に歯並びを正しい方向に導くことによって、自然な歯列を目指します。

一般的に矯正治療を受ける場合には、子供の歯の成長が止まってから始めるのが望ましいと言われていましたが、近年では早期に床矯正で歯列矯正をする人も多く見られます。完全に成長が止まってから矯正治療を始めるとなると、抜歯を伴った大掛かりな治療を受けなければならないこともあります。

早期に矯正を始めることによって、このような大掛かりな治療を回避することにもつながります。矯正治療において抜歯が必要になることもありますが、その原因としては歯を整列させるスペースがないことや、上あごと下あごの位置関係が悪いなどのことが挙げられます。床矯正の場合には、最初から歯を並べるスペースを確保することができます。

●当院の床矯正の説明はこちら

このようなことから床矯正のメリットとしては、抜歯をせずに治療をできる可能性が広がることや、治療の痛みが少ないこと、取り外しができるので食事のときでも食べにくいことがない、歯磨きもしやすく虫歯になりにくいなどのことが挙げられます。

反対にデメリットとしては、自分で装着しなければ治療の効果が出にくいことや、装着している際には多少しゃべりにくさが感じられることがある、歯列の拡大だけで歯並びがきれいにならないケースもあるなどのことが挙げられます。

実際の治療の流れとしては、装置に埋め込まれている拡大ネジを少しずつ広げていくことによって、歯列をゆっくりと拡大して歯を並べるためのスペースを作っていきます。子供のうちはまだあごの骨が成長する可能性があり、それと同時に歯も動きやすい状態です。

全体が広がれば、部分的なバネによって内側に入り込んだ歯を外側に押し出して歯列を整えることができます。基本的には1日8時間以上目安として装着することになります。取り外しが可能ですが、基本的には食事の時以外には装着しておくことが望ましいでしょう。

●参考:日本床矯正研究会