太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

当院は完全予約制です。当日のお約束はご希望に沿えない場合もございますので、ご希望の日時がありましたらできるだけ早め(遅くとも2~3日前)にお電話いただけると幸いです。

バネのない入れ歯の長所と短所

入れ歯のタイトル画像

以前は入れ歯と言えば、銀のバネが付いた保険が適用されるクラスプ義歯が主流でした。クラスプ義歯は複雑な装置が使われていないため簡単に作れて、プラスチック素材でできていて軽くて、さらに安いという長所がありました。

その反面で装着時に、入れ歯の銀の部分のバネが見えて見た目が悪い事や、バネを歯に引っかけて支えているため歯に負担が掛かる事や、バネ(クラスプ)のテンションにため会話や食事中にズレやすい事や、保健内治療のため安価な部材が使われていて汚れやすい事などの短所の方が多かったです。クラスプ義歯の短所を改善するために、バネの無い「ノンクラスプ」の入れ歯が作られました。

バネの無いノンクラスプ義歯の長所は、審美性が優れている点にあります。バネのあるクラスプ義歯と違って、金属製のものが付いていないため、会話中や食事中に口の中を覗かれても見られる心配が無くて審美性に優れています。金属製の金具が一切使われていないので、金属アレルギーがある患者でも安心して使える点も長所です。

金属製のバネが付いているクラスプ義歯の場合は、ぐらつき防止のためバネが引っかかりやすいように歯を削る必要があります。だけどバネが無いノンクラスプ義歯の場合は、金属の代わりに樹脂の弾力で支えているので、歯を削る必要が無い点が長所です。さらに銀などの金属の金具が一切使われておらず、全てピンク色の樹脂で作られているため、費用が比較的安くて制作も簡単に出来る点も長所です。

また柔らかい樹脂でできているため、金属製のバネの場合はズレて歯茎に当たると痛くなりますが、たとえズレても金属製のものも歯茎が痛くなりにくいです。それ以外にもピンク色の樹脂が、歯の粘膜にピッタリと吸い付くため、入れ歯を付けている違和感が少ない事や、ぴったりとはりつく事で隙間が出来にくくて食べ物のカスが間に挟まり難くなり痛くなりにくい事も長所です。そのためバネ付きタイプに比べて、良く噛めるようになって食事を美味しく食べられます。