太田市の歯医者 くろさわ歯科は痛みと怖さをできるだけ減らす診療を目指します。

当院は完全予約制です。当日のお約束はご希望に沿えない場合もございますので、ご希望の日時がありましたらできるだけ早め(遅くとも2~3日前)にお電話いただけると幸いです。

どうして歯医者さんは予約制が多いの?

どうして歯医者さんは基本的に予約制となっているのか、それは歯の雑学として知っておきたいポイントです。いわゆる普通の病院の場合、医師が診察を行い体調不良の要因を特定すれば、次回からは問診や医薬品の処方など、医療行為は比較的シンプルな内容となります。勿論内科の仕事が簡単というわけではありませんが、ルーチンワークが多いのは確かです。

一方で歯医者さんの場合、医薬品の処方だけではなく、口腔トラブルの原因が分かった後でも専門医が実際に施術を、毎回施さなければいけません。虫歯治療を例に挙げても、歯医者さんは毎回違った対応を臨機応変にしなければいけません。患部を観察して、状況に合わせてドリルで削ったり、場合によっては詰め物をします。

歯の大きさや口腔トラブルの要因、そして具体的な状況はまさに十人十色です。一人ひとりのコンディションに合わせて適切な処置を施すためには、カルテを前もって歯医者さんが確認しておき、言わば予習をしてから施術に臨まなければいけません。オーダーメイドの治療が常に必要なのが歯医者さんの特別なところであり、事前に連絡を受けなければ、その準備が出来ません。

抜歯や深刻な虫歯を治療する際には、専門の器具や麻酔など、より専門性が高いツールが要ります。そういったものは予め用意しておく必要があり、また個人の体調や前の治療状況に合わせて適切に調節しなければならず、やはり予約制というシステムを設けなければ、正しいサービスが患者さんに提供出来ないのです。

街のデンタルクリニックは利用者が多い施設となります。口腔トラブルは普通に暮らしていても、自然と患うものです。老若男女問わず、虫歯などの体調不良には遭遇しますので、自然とデンタルクリニックは混雑します。

専門医の方々は出来る限り平等に、一般市民に対して治療を施すべく努力を惜しみません。予約制を設ける理由として、効率よく出来る限り大勢の人々へサービスを提供したい、との誠実な専門医の希望があるのです。

予約制にすれば、歯医者さんがいわゆる治療計画を立てやすくなり、スケジュールを無駄なく活用出来ます。予約制だと患者さんがいつ訪問するか把握しやすく、空き時間に次、訪れる方の治療の用意をしたりと、合理的に専門医が動けるのです。

患者側も予約制の方が効率的にデンタルクリニックを利用出来ます。予約を入れる事で、確実にスケジュール通りに歯の治療が受けられますので、特に多忙な社会人や学生の方には嬉しいシステムです。待ち時間がなく、訪問とほぼ同時に施術が受けられ、自分のカルテや治療器具が予め準備されているので、ストレスなく治療に専念出来ます。余程の事がない限り、患者側の都合に合わせて予約が取れます。そして予約を入れた人から優先的に案内されるので、素早く受診したい方こそ、前もって電話などで連絡を取るのがベストです。

最近では夜や土日でも普通に診察をしてくれるデンタルクリニックが増えてきているのです。歯の雑学として覚えておいて損はありません。